住宅ローン比較.com(HOME)住宅ローン最新トピックス>中古住宅のリフォーム費用一体型住宅ローン

中古住宅のリフォーム費用一体型住宅ローンが登場

中古住宅を購入した時にその購入代金とその後のリフォーム代を一括でまとめて融資を受けることができる住宅ローンが広がりつつあります。リフォームローンを別途利用するよりも購入時に住宅ローンとして利用できる方がより低金利でかつ長期間のローンが可能となります。

 

リフォームローンは割高

リフォームローン」は通常住宅ローンとは異なり、金利も数%ほど高く、融資期間も15年程度の短期となるのが一般的です。そのため、住宅ローンと比較すると結構不利な状況でしかお金を借りることはできませんでした。

中古住宅を買ったような場合はリフォームなどが必要となるケースが多いのですが、その費用は高い金利で借りざるを得なかったわけです。

 

リフォーム代金一体型住宅ローン

ソニー銀行」や「武蔵野銀行」などで提供され始めたのが中古住宅を購入した時にそのリフォーム代までを含めて住宅ローンに組み込むことができるようになっています。
リフォーム代も住宅ローンとして組み込むことができれば、住宅ローンの低い金利で最長35年のローンを組むことができます。

ただし、このローンを利用するには「購入と同時」にリフォームを行う必要があるそうです。しかしながら、魅力的な制度ですので中古住宅の購入でリフォームも計画している方はぜひご検討ください。

(追記)
複数の銀行がこうしたリフォーム費用+住宅ローンのセットタイプの住宅ローンを提供し始めています。それに合わせまして「リフォームローンランキング」のコンテンツでリフォーム費用と住宅購入の費用をセットにした住宅ローンを提供している銀行を比較しています。

 

2013年3月21日 しょう

 

住宅購入・住宅ローン情報一覧

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンQ&A / 返済に関するQ&A