住宅ローン比較.com(HOME)住宅ローン最新トピックス>頭金ゼロの住宅ローンの罠(2013年1月16日)

頭金ゼロの住宅ローンの罠

最近の住宅ローンでは実質上の頭金がゼロ円とう状況で住宅ローンを組んでいる方が多いそうです。実際に不動産ポータルサイトが2012年にまとめたアンケートでは、利用者の約50%が頭金1割以下、全体の約23%が頭金ゼロというレポートもありました。今回はこうした少額の頭金や頭金ゼロの住宅ローンで陥りやすい罠を考えていきたいと思います。

 

「稼いでいるから大丈夫」は危険

こうした頭金ゼロの住宅ローンに意外と多いのは意外と高所得者、そもそも年収の低い低所得の人の場合は頭金ゼロではローンは組みにくいので、実際に頭金ゼロで住宅ローンを組む人は年収が高い人だそうです。

こういう人の考え方は「自分は稼いでいるから大丈夫」というものです。

ただ、高所得にも関わらず住宅ローンの頭金をためることができていないというのは「それだけ浪費している」ということです。

こういう状況で今の高い家賃を払うよりは住宅ローンを組んだ方がマシという考え方なり、家を買うわけです。とはいっても節約に対する考え方は十分ではないわけです。
こういうところで何か落とし穴が発生してしまうととたんに返済が厳しくなるわけです。

たとえば、子供の教育費の増加、親の介護、病気やけがなどによる収入の減少など様々な要素が考えられます。住宅ローン返済中に考えられるリスクについては「住宅ローン返済とリスク」をご参照ください。

まずは、しっかりと「貯蓄ができる体制・家計」を構築してからでないと、このような突発的な状況に対応できなくなるわけです。

頭金ゼロのローンは絶対にダメというわけではありません。特に比較的高所得な方なら返済は可能でしょう。でも突発的なリスクに備えるためにもまずは家計をしっかりと見直して、住宅ローン返済額+α以上の貯蓄ができるようになることを目指しましょう。

参考
なかなか貯金ができない家計へ贈る 3つの貯金ポイント
万が一のための生活防衛資金を貯めておく必要性
自分でできる家計診断のポイント(収支編)

 

頭金ゼロのリスク

頭金ゼロの住宅ローンのリスクについては「住宅ローン申込と頭金」でもまとめていますが「万が一の場合、売却がしにくい(残債>売却価格だと売却できない)」、「・同上の理由で他に有利なローンがでても借り換えができない」といった点が挙げられます。

これらについても、住宅ローンを返済しながらでも+αの貯蓄ができていれば回避できるリスクではあります。頭金ゼロで住宅ローンを組む時の最大のポイントは家計の黒字&持続的な貯蓄ができる環境を作るということです。

2013年1月11日 しょう

 

住宅購入・住宅ローン情報一覧

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンQ&A / 返済に関するQ&A