住宅ローン比較.com住宅ローン返済プラン・金利住宅ローン金利の種類>段階固定金利型

住宅ローン段階固定金利(ゆとりローン)のメリットとデメリット

段階固定金利型は、あらかじめ金利は固定されているのですが、一定期間は通常よりも低い金利で住宅ローンを利用でき、その後はすこし高い金利に引き上げられるというタイプの住宅ローンです。変動はしますが、その変動幅は契約時点で定められているので固定金利の一種となります。当初の負担は少なくてすみますが、金利がアップしたときに負担が増大します。

 

段階固定金利型の特徴

段階固定金利型の住宅ローンは主に共済型の住宅ローン(JA共済など)に多いタイプの金利型となります。当初数年間(多くの場合10年程度)は、安い固定金利が適用され、その期間満了後はより高めの金利が適用されるというタイプの住宅ローンです。
なお、10年後からのより高くなる金利も当初10年間の安い金利も契約時点での金利が適用されますので、将来的に総負担額が変動することはありません。

 

段階固定金利型のメリット

段階固定金利型住宅ローンのメリットは、最初から最終的な負担額が想定できるということと、住宅ローンを設定した当初の金利負担額が少なくてすむというメリットがあります。基本的には将来の昇給(給料アップ)を前提とした住宅ローン設計といえるでしょう。

 

段階固定金利型のデメリット

段階固定金利型住宅ローンの場合、当初の負担は少なくてすみますが、10年目以降は金利負担が増大することになります。当初と10年後の金利に大きな差が無い場合は金利負担額のアップを最小限にとどめることができますが、この金利差が大きい場合、一気に負担増となりますので注意が必要です。

また、その時期に収入のダウンや子供の入学など費用がかさむ時期と重なった場合家計全体の負担額も大きくなる可能性があるというリスクがあります。段階固定金利型の住宅ローンを設計する場合は、長期的な人生におけるライフプランをしっかりと吟味して、その時期に負担の先送りをしないようしっかりと検証しましょう。

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローン返済プラン・金利