住宅ローン比較.com住宅ローンの基礎知識住宅ローンの種類>セカンドハウスローン

セカンドハウスローンの特徴と賢い借り方

セカンドハウスローンとは、主に別荘をはじめとしたセカンドハウスを購入する際に利用できる住宅ローンです。基本的に、自分自身が住む住宅ではないため、金利は一般の住宅ローンと比較すると高くなります。

近年では、住宅ローンの中にも資金使途の条件としてセカンドハウス(別荘)購入にも充てることができるという住宅ローンも増えており、そうしたローンはセカンドハウスを購入したいという方にも適しています。

 

セカンドハウスローンとは

セカンドハウスローンは、通常の住宅ローンの範疇をやや越えた住宅ローンといえます。一般的な住宅ローンは本人またはその家族が居住する住宅に対するローンとなっていますが、セカンドハウスは必ずしも居住するとはいえないためです。

そのため、通常、「別荘等の建物を購入する場合、住宅ローンは使えません」。別途、こうしたセカンドハウスローンを使う必要があります。
ちなみに、セカンドハウスローンは住宅ローンと比較して金利が高めに設定されています。

しかし、近年では民間融資(銀行等の住宅ローン)の中で、住宅の新築や増築、土地、住宅の購入などといったように居住用住宅以外の住宅(セカンドハウス等)の購入に充てても問題ないと解釈できるような住宅ローンも増えています。また、中には資金用途に別荘の購入が加わっているローンもあります。

 

セカンドハウスローンの活用法

セカンドハウスローンの活用法としては、自宅の担保能力に余力があれば、その余力部分を担保として貸し出しを受けることなども可能となっています。また、別荘などを販売する販売業者の中には提携ローンとしてセカンドハウス購入専用のセカンドハウスローンを提供している業者もあります。

 

セカンドハウスローンと住宅ローン

金利などの面でいうと、セカンドハウスローンは住宅ローンよりもやや金利が高くなっています。また、居住する家であっても、銀行等が定めている必要平米数などに達していない場合は住宅ローンが利用できず、セカンドハウスローンの利用しかできない場合があります。

 

セカンドハウスローンならフラット35がおすすめ

長期固定金利で知られる「フラット35」。こちらはなんと一般の住宅ローンと同様の条件(金利条件)でセカンドハウスローンを組むことができるようになっています。

ただし、やや審査は厳しいと言われています。下記はフラット35の取り扱い金融機関であり大きなシェアを占めている銀行です。

>>楽天銀行のフラット35
>>ARUHI住宅ローンのフラット35

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンの基礎知識