住宅ローン比較.com住宅ローンのリスク管理>金利キャンペーンには注意

住宅ローン金利キャンペーンには注意

最近では、多くの銀行などで個人の住宅ローン利用者を増やすために様々な金利キャンペーンなどを行っている例が増えています。金利キャンペーンは確かに住宅ローンの返済において有利にはなりますが、しっかりとしたリスク管理を行っていないと後々の大きなリスクとなりますので、キャンペーンに載せられてしまわないように注意しましょう。

 

利用条件をよく理解すること

住宅ローンにおける金利優遇キャンペーンは上手に活用すれば大きなメリットもある場合がありますが、多くの場合「ただし…」と但し書きが添えられています。優遇金利の幅もそうですが、どういった場合に適用されるのかをしっかりと把握するようにしましょう。

金利キャンペーンの種類

金利キャンペーンは大きく以下のようなものが主流です。

・当初期間優遇タイプ
最も多いタイプです。借入から一定期間の間(多くは当初固定金利期間のみ)、金利が引き下げられるものです。当初期間が中心ですので金利の下げ幅は大きいのが特徴です。ただし、優遇期間終了後は津上の金利が適用されますので、その後の負担額はグッと大きくなることもしっかりと事前に把握しておきましょう。

・全期間優遇タイプ
借入期間中は一定の割合で住宅ローンの金利が引き下げられるものです。将来金利の変動があっても一律に優遇が受けられますので有利といえます。また、急激な負担額の増加もないことから、ローンの支払いが急激に重くなるといったこともありません。

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンのリスク管理