住宅ローン比較.com(HOME)住宅ローンQ&A住宅ローンの審査に関するQ&A>生命保険に加入できませんが住宅ローンは組むことができますか?

持病で生命保険に入れない人の住宅ローン

持病を抱えており、生命保険に加入することはできません。住宅ローンを借りるにあたっては「団体信用生命保険」というものに加入しなければならないと聞いたのですが、住宅ローンを借りることはできるのでしょうか?

 

回答:生命保険と住宅ローンについて

住宅ローンを組む場合、多くの銀行では「団体信用生命保険」という生命保険への加入が義務となっています。

これは、契約者に万が一のことがあったときに、ローンの残高が銀行に返済されるという保険です。

銀行側は貸倒のリスクが減りますし、契約者再度も、住宅ローンを組んでいる一家の大黒柱の死亡があっても「自宅(マイホーム)」を失わずに済むというメリットがあります。

よって「団信に加入することができるか?」というのは住宅ローンの審査に置いても重要であり、団信加入が義務の住宅ローンは組めないということになります。

 

団信(団体信用生命保険)が別の住宅ローンもある

ただし、フラット35東京スター銀行など、加入の際の団体信用生命保険を「任意」としている住宅ローンを利用すれば団体信用生命保険に加入できなくてもローンの審査に対して影響を与えることはありません。

ただし、団信には万が一の時に残された家族を経済的な問題から守るという保険としての役割があるわけです。団信未加入で死亡した場合には、遺族は住宅ローンを自分たちの収入(や資産・遺産)の中から出して返済し続けていく必要があるわけです。

なお、住宅ローンにおける審査については「住宅ローンの申込と審査」の項目で解説していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンQ&A / 審査に関するQ&A