住宅ローン比較.com住宅ローンの申込・審査住宅ローン・マイホームの諸費用>マンション管理費

マンション管理費はランニングコストとして外せない費用

分譲マンションでは一般的に必要となります。管理費はマンション共用部分の清掃費用などの日々のメンテナンス費用のほか、マンションが行っている住民向けサービス、設備などの費用ということになります。

修繕維持積立金と並んで、マンション購入におけるランニング費用となります。

 

管理費はマンション共用サービスにかかる費用

管理費はマンションの清掃費用や、外部サービスの利用などに関する費用です。共用部分の掃除、管理人、エレベーターなどの点検、ランプ等の交換など一般的です。

修繕積立金が長期的なメンテナンスのためのお金だとするとマンション管理費は日々の生活のための費用と考えましょう。

 

マンション管理費の相場はいくらくらい?

マンション管理費は首都圏新築マンション契約者動向調査(リクルート)によると平均で約15000円(月)です。年間だと18万円と言うコストになり決して馬鹿にできない費用です。

共用施設などが充実しているマンションはその分、管理費も高くなります。豪華なマンションだとパーティールームやゲストルーム、公園、ミニコンビニなどが施設の中に入っているような場合もありますが、こうしたものが増えると管理費増の理由となります。

中には3万円を超えるような管理費がかかるマンションもあります。

こうした管理費は中々な負担となります。住宅ローンの返済にプラスして発生するランニング費用ですので、購入時にしっかりと考えておきましょう。

 

ライフスタイルを考えてサービスと金額はしっかりとみよう

マンションの施設・サービス内容などはあらかじめわかっていることが多いはずです。
そうしたサービスは自分や家族のライフスタイルにおいて必要なのか、それとも不要なのかということも考えましょう。

たとえば託児施設や公園などが充実していてもDINKSの家計であればほぼ必要が無い施設と言えるでしょう。逆に、子供がたくさんいる家庭にとっては大変ありがたい施設になることでしょう。

諸々を考えた上でマイホーム(マンション)選びの参考にしましょう。

 

>>住宅ローン・マイホームの諸費用一覧に戻る

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンの申込と審査