住宅ローン比較.com住宅ローンお役立ちコラム>銀行とモーゲージバンクの違い

住宅ローンでの銀行とモーゲージバンクの違い

最近の住宅ローンサービス業者の中に○○モーゲージ、モーゲージバンクという言葉が使われることが増えています。このモーゲージバンクと普通の銀行とでは住宅ローンにおいてどのような違いがあるのでしょうか?

 

モーゲージローンと住宅ローンの違い

モーゲージとは日本語になおすと「不動産を担保にした貸付」といった意味になります。つまり、モーゲージバンクというのは、不動産を担保にした資金の貸し出し専門の銀行(金融機関)という意味になります。

普通の都市銀行や地方銀行が提供する住宅ローンとモーゲージローンの違いというと、銀行の場合は銀行が預金者から集めた資金を使って、銀行がリスクをとってローンを貸し出します。万が一預金者が返済できない場合には、銀行側がリスクを負います。

一方で、モーゲージバンクでは「証券化」という手法を使います。証券化とは住宅ローンを利用する利用者の債権を証券化(セキュリタイゼーション)という方法で有価証券に変えてしまい、それを小口化して投資家に販売するというものです。

あれ?この仕組みってどこかでみませんでしたっけ?

そうです「フラット35」がこの仕組みを使った住宅ローンとなっています。そのため、モーゲージバンクという場合には基本的には「フラット35を提供する専門業者」のような取り扱いとなっているケースがほとんどです。

ちなみに、銀行のように直接資金を借りる住宅ローンとモーゲージ(フラット35)によって資金を借りるという点で、利用者においての違いは全くありません。

日本では、ARUHI住宅ローンが日本初のモーゲージバンクとしてフラット35の取り扱いを開始しています。また、近年では楽天モーゲージがフラット35最安金利を売りにシェアを拡大しています。

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンお役立ちコラム