住宅ローン比較.com住宅ローンお役立ちコラム>預金連動型住宅ローンはお得?

預金連動型住宅ローンはお得?

東京スター銀行などがCMなどを通じて盛んにPRしているのが、「預金連動型住宅ローン」です。繰上返済をしなくても、住宅ローンを借りている銀行にお金を預けておけば、預金分の住宅ローン金利が0%になるというサービスです。ここでは、その預金連動型住宅ローンについて、それがお得であるのかどうかを徹底分析していきます。

 

一番のメリットは手元資金の流動性

預金連動型住宅ローン最大のメリットは、繰上返済をしなくても、繰上返済をしたことと同じになり、さらに返済までの間、流動性のある資金を保つことができるという点です。

例えば、通常の「繰上返済」の場合は、一旦繰上返済をしたら、その分については後日「やっぱりやめたから繰上返済した分は返して」とはいえません。つまり、家計の中からその資金が消えてしまうわけです。
対して、預金連動型住宅ローンの場合は、あくまでも預金ですから当然引き出すことができます。つまり、全資産を預金として預けておいて必要な分だけ後日、預金から引き出すことができるという点が魅力なのです。

通常の繰上返済の場合は、文字通り返済なので、一度返済した分については戻してもらうことはできません。ということは、一部の生活資金や万が一のための資金は別勘定でとっておく必要があります。一方預金連動型住宅ローンは全資金を預けておくことができるので、その分無駄な金利を支払わずにすむということになります。この点が大きな違いといえるでしょう。

 

デメリットは設定金利の高さと厳密には繰上返済ではないという点

預金連動型住宅ローンにおけるデメリットとしては、現在提供されている、預金連動型住宅ローンは他の銀行が提供している住宅ローンよりもやや金利が高めに設定されているという点です。
もう一つは、預金連動型住宅ローンにおける金利相殺は繰上返済における「返済額軽減型」と同様ということです。つまり、同額を繰上返済する場合に「期間短縮型」を利用した方が最終的な支払い金利という面では繰上返済のほうがお得になるわけです。

大きなポイントとしては、自己資金としての現金はあるものの、万が一に備えてプールしておきたい、その上で住宅ローンも設定したいというようなニーズがある場合には非常にお得な商品と言えますが、短期間にバッサリと返済し終えたいという方にはやや不適な商品といえるでしょう。

なお、各銀行が提供している預金連動型住宅ローンの内容については「預金連動型住宅ローン比較」のページで説明しているのでそちらを読んでください。

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンお役立ちコラム